ドライシッパー(液体窒素)

ドライシッパーは試料の輸送を目的とした容器です。
容器内にある充填剤に液体窒素を吸収させて気相状態(-150℃以下)で試料を保存します。
国際航空輸送規則に准じた構造になっておりますので航空輸送も問題ありません。
また輸送ケースは輸送時の衝撃を吸収しますので、安心して試料を輸送できます。

ドライシッパー

CXシリーズ

試料運搬用容器(CXシリーズ)添付ファイル

=特長=
*構成     液体窒素を吸収して液漏れを防ぎます
*IATA規則 国際空港輸送連盟(IATA)の規定する規則に准じています
*CXRシリーズ 液体窒素充填剤の交換が可能で容器の洗浄が可能
*輸送ケース  容器を輸送中の衝撃から守ります