TACPack設計フロー

ご希望のサイズ、仕様で定温輸送パッケージを設計致します。
カスタム設計

  • 打合わせ
    お客様とのお打合わせにより、仕様を決定します。
    4項目(輸送温度、輸送時間、外気温、荷物のサイズ)をお教えください。
  • 設計、制作
    お客様からお教え頂いた情報を元に、試算を行い実物を設計します。
  • テスト
    お客様のご要望次第では、テストを行う事も可能です。
    詳細については、お問い合わせ下さい。
  • 完了、納品
    実物をお客様にお渡しし、完了です。

設計、製作の流れ

CAD
1.条件を元に熱量計算を行い、3DCADにより設計を行う。

CAM
2.CAMにより、発泡スチロールのNC加工を行う。

EPS
3.精密なEPS加工容器組立。

PCM開発
4.PCMの開発。

PCM調温
5.PCMの検証

恒温槽
6.環境再現室による、パッケージ検証


各用語について

用語説明
CADコンピューターによる設計、製図を行うシステム。
CAMCADのデータを元に、NCプログラム作成等の生産準備を行うシステム。
NC加工数値制御による加工方法。工具の動作を座標値により制御し、精密な加工を行う。
EPSビーズ法ポリスチレンフォーム。原料ビーズを30~50倍に発泡させ、金型による成形を行い制作する。
PCMフェイズチェンジマテリアル(相変換物質)。化学物質を調合、組み合わせる事で任意の温度で相転移(凝固、融解)を行うようにした物質。